2013年4月24日水曜日

facebookはじめました

http://www.facebook.com/pages/surfers-home-HANA/146310012216175 ブログはなかなか更新できませんでしたが、facebookはがんばりたいと思います!

2011年8月19日金曜日

屋上での休憩に、日よけのネットが・・・!

休憩スペースとして利用していただいている屋上スペースに、日よけのネットを設置しました。景色も風通しもよく、潮騒聞こえる当駐車場の屋上は自慢のスペースでしたが、さすがに太陽照りつける夏の日中は暑くて体力も消耗してしまいます。

そこで前々から日よけのネットを張りたいと思っていたのですが、なかなか忙しくて手付かずにいました。しかしようやくこのたび作業することが出来、無事に完成しました。風通しがよく日差しが和らいでいるので、昼寝にはもってこいのスペースとなりました!木材で枠組みを作ったので、雰囲気もよく仕上がったのではないでしょうか。

これまで屋上を利用されたことのない方も、ぜひ一度あがってみてください。(M)

2011年6月19日日曜日

夏はもうそこまで

梅雨入りしてしばらくですが、晴れた日には真夏並みの暑さになっています。
休日には、HANAにも小さなお客様が多くなってきました。
暑い時期ですので、少しでもお子様にとって居心地が良くなる様にといくつか準備している事があります。
その一つが休憩スペース。
車の中は高温になるために体調管理も大変ですので、短い時間でもお昼寝していただければとご用意しています。
けっして立派なところではありませんが、小さなお子様連れの方はお声をかけてください。スタッフが案内いたします。
それからもう一つ。
砂遊びのセットです。どうぞご自由にお使いください。お遊び道具スペースに付いた名は「kids hana」。
未来のサーファーの皆さんへ・・・!

(Y)

2011年6月16日木曜日

只今、子育て中?

春の訪れとともに、今年もツバメが帰ってきています。
昨年の巣をリフォームし、10日程前には雛も誕生しました。
小さな頭に不釣合いな大きなくちばしの雛の姿。
皆様に休憩していただくスペースの天井から、餌をねだる「ピヨピヨ」の声が聞こえます。
親鳥は沢山の方が休憩していても、警戒するどころか安心して子育てしているようです。
生き物ですから、マナー違反の落し物もあります。
ご迷惑をおかけしますが、雛が巣立ちをむかえるひと月ほどの間、どうかやさしく見守ってください。

(当駐車場では、ツバメとご来場者様が共存できるよう、一工夫して出来るだけ害の出ないような体制をとっております。ご来場の際はぜひ、雛鳥の姿をご覧になってください。)

(Y)

2011年6月3日金曜日

ブログ記事の更新

こんにちは、HANAです。

実はこれまでブログの記事を更新してきたのは、ブログの管理人である「M」なのですが、今度よりほかに「Y」も時折記事を書くそうです。がんばって更新するぞ!と言っていましたので、ブログをご覧の方はぜひチェックをお願いします。この勢いに乗ってブログの更新頻度が上がるように、と思っています。

「M」や「Y」が誰が誰なのか・・・と気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひ現地でたずねて見てください。それでは!

(M)

2011年5月29日日曜日

5/29(日)

今日は全日本選手権の三重支部および滋賀支部の予選が行われました。
数日前からの悪天候にあわせて、台風の接近という最悪のコンディションの中
大会は予定通り行われました。
HANAにも大会に出場される方が、数名御駐車いただきました。
結果は本当に、本当に僅差で今年は残念ながら出場をのがしました。

HANAには真剣にサーフィンに取り組んでいらっしゃる方がお見えになります。
全日本に標準をあわせ、サーフィンが生活の大きな部分を占めています。
その一方、「今日は波がありませんので・・・」と申し上げても
「ゆっくり、のんびりしたくて来ましたので。」とおっしゃり駐車していただく方もあります。

どちらも大切な大切なHANAのお客様です。
皆様にどの様な施設にすれば、居心地良く過ごしていただけるか
本当に日々勉強させていただいています。

「今日は僕にとっては大晦日です。また明日から一年が始まります。」
とおっしゃられた方の言葉がとても印象に残っています。
来年こそHANAから全国に出て行く方がいらっしゃるように。
そして、宮崎に行かれる方、ご出場 おめでとうございます。
(Y)

2011年5月22日日曜日

答志島

久しぶりに観光スポットのご紹介です。

鳥羽市から船で20分ほど、答志島という島があります。歩いてもそれほど時間をかけずに島をぐるりできるので大きい島ではないと感じるのですが、人口2700ほどで三重県内で最大規模だそうです。とはいえ孤島ですので、雑踏はまったく聞こえませんし、日ごろ志摩で暮らす私たちも「南国にきたのではないか」と一瞬思うほど、綺麗でのんびりとした空気が流れています。
島の主な産業は漁業で、気のいい漁師たちがわんさかいます。皆働き者で大酒のみといった風です(※イメージ)。そんな島でとれる海の幸は絶品!ちりめんやわかめが本当においしいのです。もちろん、数々の魚、刺身や煮つけやで食べるのも最高のものばかりです。海の幸を味わうのが、答志島の楽しみ方の一つ。
もう一つは、意外や意外、この小さな島にはおどろくほど多くの歴史文化が秘められていて、寝屋子制度という無形民族文化財に指定されている一風変わった制度が残されていたり、九鬼水軍のかつての本拠地であったり、果ては万葉集にも名前が出てきたりします。島でありながら大変に古くから文化を形成してきた場所のようです。ですので、それらを見に行くのが一つです。鳥羽市にある「海の博物館」と合わせて見ると、漁民の歴史と文化がすごくわかりやすくて、大変面白いです。

と色々楽しみ方はあるのですが、おすすめは「島の陽気にあてられてのんびりしながら、夜は最高の海の幸をいただく(酒を飲む)」ということに尽きます。ほんとうにゆっくりできるので、日ごろのあれやこれや忘れて美味しいもの食べて、というお休みを過ごされるのであればぜひ候補にいれて欲しい場所なのです。

答志島については、いずれまた詳しく書けたらと思います。おすすめの旅館など、hanaで聞いてもらえれば少しはお答えすることができると思うので、よろしければまたお声をおかけください。それでは。